漢方相談

「気」「血」「水」のバランス

東洋医学では、健康の秘訣は「気」「血」「水」のバランスだと考えられています。

●「気」とは、

生命活動を行うための原動力で、成長や発育、代謝の促進、

体温調節、排せつなどの働きをもつものです。

●「血」とは、

全身に栄養を運び潤す液体のことで、基本的には西洋医学と同じ血液という意味ですが、

東洋医学では血液の成分や循環作用も含んだ、少し広い概念として捉えています。

●「水」とは、

体の中にある血液以外の液体のことで、生命を維持するために必要な水分のこと。

臓器や関節などの働きを滑らかにしたり、不要な成分を排出したりする作用があります。

しかし、現代は過度なストレス、不規則な生活、栄養のバランスの乱れ、

食材の添加物や大気汚染などにより、この「気」「血」「水」のバランスが

乱れやすくなっています。

漢方薬は自然に存在する植物や動物などのうち、

長い歴史の中で効果があるとわかっているものを使用した生薬を配合して作られています。

生薬という自然のものを体内に取り入れ、衰えている自然治癒力や免疫力を高めることで、

​身体が持つ本来の状態に戻すお手伝いを漢方薬は得意としています。

漢方薬の処方

当薬局では原則として患者さまに直接お会いして漢方薬を処方しています。

なぜなら、東洋医学では気血水のバランスが崩れて病気になると考えるので、

不調のあらわれたパーツのみを見るのではなく、

患者さまの「声」を聞き、「姿」を拝見し、

身体全体の「体質」を重視して症状を見極め、

漢方薬を処方したいと考えているからです。

しかし、どうしても来店することが困難な患者さまはお電話にてご相談ください。

 

ご来店での漢方相談はお時間にゆとりがある時がおすすめです。

​あらかじめお電話にてご予約をいただけると助かります。

​TEL:0942-33-1361

TEL:0942-33-1361

​FAX:0942-33-1361

 
  • Facebook
Facebook