シーアルパ

​シリーズ

illust1425.png

EPA・DHA

身体に良い油

オメガ-3

​とってますか?

オメガ3脂肪酸を選ぶなら

健創製薬株式会社の高品質・安心・安全の

​シーアルパシリーズ

健康のために毎日、とりたいオメガ3脂肪酸(EPA・DHA)

EPA・DHAはイワシやマグロなどに多く含まれている健康成分。

私たちの健康には不可欠な成分で、健康維持のためには毎日食事などから

​積極的にとらなければなりません。

生活習慣病やアレルギーなどは、オメガ3脂肪酸不足の警告サインかもしれません。

よく分かる!オメガ3のはなし

「油」と「脂」の違いをご存知ですか?

ひとことに”あぶら”といっても、「油」と「脂」は異なります。

基本的に「油(不飽和脂肪酸)は常温で液体、「脂(飽和脂肪酸)は常温で固体の状態です。

~オメガ3とオメガ6~

「油」はさらに、必須脂肪かどうかで分けられます。

必須脂肪酸とは、体内で作られず、食事で摂らなければならない油。

さらに、必須脂肪酸は、オメガ3とオメガ6に分けられます。

オメガ3とオメガ6は構造上はわずかな違いなのですが、働きは大きく異なります。

オメガ3は魚やエゴマ、シソの油に多く、オメガ6はいわゆるサラダ油に多く含まれます。

健康なカラダでは、オメガ6とオメガ3の比率は2:1です。

6歳までの子どもがオメガ6過剰・オメガ3不足の状況であると、カラダは炎症体質になり、

脳の発達を遅らせる原因にもなります。

アレルギー体質(炎症体質)

体の中でオメガ6が過剰になると、

必要以上にプロスタグランジンという炎症物質ができ、

逆に炎症を抑える物質を作る働きのあるオメガ3が不足します。

すると、体は炎症体質になり、「かゆがる」

「ちょっとした刺激でアレルギー症状が出る」という体質になります。

脳の発達

脳の9割は「6歳まで」に作られます。

生まれたばかりの赤ちゃんの脳の重さは、平均して約320gですが、

6歳になるころには約1,300gにまで急激に大きくなります。

幼児期の脳は、たった1カ月で大人の10年分の発達を遂げるといわれているのです。

6歳までにしっかりオメガ3っを摂ることが脳の発達を手助けしてくれます。

また、年齢を重ねた方も、オメガ3の油が足りなくなってくることで、

認知機能が低下するという研究データがたくさん出ています。

良質な油はにおわない!(魚くさくない!)

オメガ3の油のなかでも、直接すぐに役に立つのがEPA・DHA。

これらは魚油に多く含まれています。

魚から抽出される魚油は、製法によってにおいが大きく異なります。

価格が少々高くても、きちんと精製されている魚油は、ヨーグルトやごはん、みそ汁にいれてもにおわないため、お子さんにも違和感なく摂っていただくことができます。

シーアルパ100-HP-760x654.jpg

■180粒 10,260円(税込)

​■180粒×2本 18,360円(税込)

シーアルパ100

100歳まで元気で長生き!

​EPA・DHA、イチョウ葉、リコペン配合。

EPA・DHAに加え、ヨーロッパではアルツハイマーや血管障害の治療薬として使われているイチョウ葉エキス、さらに抗酸化物質であるリコペンも配合。健康診断で数値が気になる方、運動不足、食事が気になっている方におすすめです。

シーアルパ30-HP-760x618.jpg

■180粒 5,832円(税込)

シーアルパ30

アレルギーが気になる方に!

厚生労働省では毎日1000mgのEPA・DHAの摂取を

推奨しています。シーアルパ30は1000mgを摂取できる健康補助食品です。アレルギーなどの根本治療にもEPA・DHAは注目されています。アレルギーやアトピーなどでお悩みの方におすすめです。

オメガー3写真.jpg

■30包入り 6,264円(税込)

シーアルパオメガ3

オメガ3脂肪酸をお手軽に!

日本人のオメガ3脂肪酸摂取不足量は1日600mg。

不足量を手軽に摂取できる健康補助食品。

食生活が不規則な方、外食、ファーストフードなどの

食事バランスが悪い方におすすめ。

シームレスカプセルで手軽に摂取でき、持ち運びにも便利です。